Coinbase、日本での暗号資産取引所サービスを開始!

Coinbase、日本での暗号資産取引所サービスを開始!

Coinbase、日本での暗号資産取引所サービスを開始!

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所Coinbase(コインベース)の日本法人が19日、日本でのサービスを開始した。

最大手取引所が日本進出

Coinbaseは、米を拠点とする最大手の暗号資産取引所で、日本法人を通じて暗号資産交換業開始の準備を進めていたが、本日サービス開始を発表し、iOSやAndroidのアプリなどすでに利用が可能となっている。

現在取引可能な銘柄は、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ステラルーメン(XLM)、ライトコイン(LTC)の5種で、今後随時新たな銘柄が追加される予定となっている。

Coinbaseは日本でのサービス開始について次のようにコメントしている。

「本日、私たちは日本でCoinbaseを立ち上げることに興奮しています。日本は暗号資産を採用した最初の国の1つであり、取引量で世界最大の市場の1つです。」

三菱UFJとの提携も発表

Coinbaseは、暗号資産取引所サービス開始と同時に、三菱UFJとの決済パートナーシップの締結を発表しており、三菱UFJ銀行の口座を保有しているユーザーは、インターネットバンキングを通じたクイック入金などのサービスを利用することができる。

Coinbaseは、今後について次のように説明している。

「今後数か月でさらに資産と製品を追加します。また、将来的には、高度な取引、Coinbase for Institutionsなど、世界的に人気のあるサービスのよりローカライズされたバージョンを導入する予定です。」

関連:Coinbase、米暗号資産関連企業初となるNASDAQ上場!