野村HD、Ledger、CoinSharesが機関投資家向けカストディサービスを立ち上げ

野村HD、Ledger、CoinSharesが機関投資家向けカストディサービスを立ち上げ

野村HD、Ledger、CoinSharesが機関投資家向けカストディサービスを立ち上げ

17日、アジア最大の投資銀行および証券持株会社である野村ホールディングスが、仏のハードウェアウォレット企業Ledgerと英仮想通貨投資ファンドCoinSharesとの共同事業で、機関投資家向けのデジタル資産カストディ(資産管理)サービス「Komainu」を立ち上げたことが明らかになった

野村ホールディングスは2018年5月に、Ledger、CoinShares との合併会社としてサービス提供に向けた共同研究を始めることを発表している。

ロイター通信の報道によると、「Komainu」はジャージー島金融サービス委員会の規制に準拠した機関投資家向けの初のハイブリッドで高グレードなデジタル資産のカストディアンとなるという。

また「Komainu」は、CoinShares共同創設者兼CEOジーン・マリー・モグネッティ(Jean Marie Mognetti)氏が主導するほか、オペレーション責任者にはクレディ・スイスやエルメスファンドマネージャーズでの経歴を持つケントン・ファーマー(Kenton Farmer)氏、情報セキュリティ担当最高責任者にサンタンデールのサイバーディフェンス元グローバル責任者であるアンドリュー・モーフィル(Andrew Morfill )氏、規制関連業務の責任者にクレディ・スイスやUBSなどの経歴を持つ元規制当局のスーザン・パターソン(Susan Patterson)氏が務める。

モグネッティ氏は、インタビューで次のように述べている。

「私たちは4〜5か月間、特定のクライアントでプラットフォームを試用してきましたが、現在は新しいクライアント向けに立ち上げています。」

CoinSharesは、最も信頼できるハードウェアウォレット会社であるLedgerと、世界最大かつ最も信頼できる銀行の1つである野村をパートナーとし、3社が共同で構築した「Komainu」は、レガシー金融テクノロジーとシームレスに統合しながら、分散型で安全なデジタル資産管理を提供できる最初のプラットフォームとなる。

CoinSharesの最高戦略責任者であるメルテム・デミローズ(Meltem Demirors)氏は、次のようにコメントしている。

私たちはこの分野の先駆者として、デジタル資産投資を金融業界の最前線に導くために不可欠で重要なインフラストラクチャを構築する役割を果たしています。

業界で最も広く使用されているウォレットの作成者であるLedgerや、大手投資銀行である野村と協力して、Komainuが組織の承認を促進するために必要なエンタープライズレベルのセキュリティを備えた最高の金融サービスを提供することを保証することが重要でした。」