VeChainとShareRingが提携!VETはシェアリングエコノミーの決済手段となる

VeChainとShareRingが提携!VETはシェアリングエコノミーの決済手段となる

VeChain Foundationは、ShareRingエコシステムとのパートナーシップを結びました。パートナーシップ内で、ShareRingはプラットフォームにVeChain Token(VET)を統合する事が明らかになった。

これにより、VeChainは、世界190か国の250万のホテル、150か国の120万台の車両、タイでの電子ビザ(eVOA)、ShareRingがメインネットを開始した際のアクティビティとツアー、フライト、保険に使用できるようになるという。

VET保有者はこれらのサービスを利用し始めるようになる。

VeChainは、ウォルマート、BMW、LVMH、ルノー、PwCなど、フォーチュン500企業のうち30社以上で既に使用されているパブリックブロックチェーンプラットフォームです。

持続可能でスケーラブルなビジネスブロックチェーンエコシステムの基盤として機能し、企業とブロックチェーンテクノロジー間の障壁を低くするように設計されています。また、ShareRingではVeChain Token(VET)が別のユースケースを発見しました。

シェアリングエコノミーに革命:ShareRing

ShareRingは、すべての業界と地域に共通のサービスを統合することにより、消費者と企業が高度に断片化された共有経済を統合するための総合的なソリューションを提供することを目的とする野心的なブロックチェーンスタートアップです。

ShareRingの分散型マーケットプレイスにより、ユーザーは世界中のどこにいても安全にアクセスし、接続、料金を支払うことができます。

ShareRingエコシステム

出典:ShareRing Twitter

レンタルサービスプロバイダーは、非常に低い取引手数料で即時支払いを受け取ります。公式発表によると、ShareRingアプリは開発の最終段階にあります。このアプリは、ローカルユーザーに共有サービスを表示する位置情報サービスを提供します。

ShareRingには「OneID」ソリューションもあり、ユーザーはID提出を1回記入するだけでよく、提出プロセス全体は2分もかかりません。

OneIDモジュールにより、マーチャントはハッシュ検証を通じてユーザーの身元を検証できます。これにより、販売者が個人情報を保存または表示する必要がなくなります。これにより、販売者とユーザーの両方が詐欺から保護されます。

ShareRingのeVOA機能により、申請者は出発前にオンラインで申請し、渡航認証を取得できます。このeVOAは、タイの主要空港に到着するとタイの入国管理カウンターで提示でき、旅行者は数分以内に移動できる。

新しいビザシステムにより、入国に伴う手間が大幅に軽減。初年度に推定1,000万人のユーザーをShareRingプラットフォームに導入することを目指しているという。