「改ざんは限りなく防止できる!」音喜多議員がブロックチェーンでの公文書管理を提案

「改ざんは限りなく防止できる!」音喜多議員がブロックチェーンでの公文書管理を提案

日本維新の会の音喜多駿参院議員が、1月30日に開かれた参議院予算委員会で、ブロックチェーン技術による公文書の管理を提案し

ブロックチェーン導入で限りなく改ざんは防止できる

音喜多議員は公文書管理問題の質疑で

現在の技術ではすでに限りなく改ざんは防止することが可能です。
すでにデジタル化している公文書に適応するには些か労力が必要です。
しかし、我が国はデジタル化が進んでいない状態ですから、ブロックチェーン技術を比較的容易に適応することが可能です。
これで少なくとも現時点から後に作成された公文書は、限りなく改ざんが困難になります。」

と述べ、ブロックチェーン技術を用いることによる公文書の透明性や改ざん防止、さらには導入の容易さを主張し、安倍首相に意見を求めた。

安倍首相は「技術的な問題もありますので…」と担当の北村誠吾内閣府特命担当大臣が次のように答弁した。

「厳正文書の電子化につきましては基本的方針におきまして、今後作成取得する行政文書は電子媒体を正本あるいは原本とすることを原則と致し、改ざん防止のための処置などを講じつつ、行政文書の作成、取得、移管、廃棄までを一貫して電子化する本格的な電子的管理を目指すことと致しています。
具体的な実現の手段としては現在検討しているところで、改ざん防止につきましても、どのような技術が有効か、引き続き検討を進めてまいりたい。」

北村大臣は、基本的方針としては本格的な電子的管理を目指すと述べたが、ブロックチェーン導入については明言を避けた。

音喜多議員は、「政府が公文書管理にブロックチェーンを使用すれば間違いなくその発展に大きく寄与する」とブロックチェーンを使うメリットを語り、是が非でも公文書管理にブロックチェーンを実装すべるべきとの考えを示した。

また、阿部首相に対し

「総理は技術の問題と言われましたが、技術と環境はすでに整っています。
あとはもう政治家の決断なんです。」

と強い口調で述べた。

公文書管理の問題と現状

公文書管理における問題として、現在大きく取り沙汰されている「桜を見る会」の公文書破棄、改ざんは、国民全体の信頼を損ねる事態となっている。
音喜多議員は、公文書を自分達で破棄や保存などができる現状に対し、こんなおかしな話はない、諸外国の例を見ても異常だと述べ、管理権限を国立公文書館に持たせるべきという考えを述べた。
現状では、都合の悪い証拠となる文書は改ざんや破棄ができる状況にある。

公文書管理にブロックチェーンが導入されれば、改ざんが極めて難しく、透明性が証明できるだけではなく、半永久的に記録が残ることとなる。

音喜多議員の質疑や提案には、賛同の声が多く、素晴らしい質疑、質疑レベルが高い、あなたは議員の手本、などと称賛されている。

国会の中にもテクノロジーに前向きな議員が増え、今後最新の技術を取り入れていくことが期待されている。