カンボジア中銀、「ブロックチェーンベース」のデジタル通貨をまもなくリリースへ!

カンボジア中銀、「ブロックチェーンベース」のデジタル通貨をまもなくリリースか!

カンボジア中央銀行が今後数か月以内にブロックチェーンベースのデジタル通貨をリリースすることが判明。地元メディア プノンペンポストが報道した。

この計画は「バコンプロジェクト」と呼ばれており、7月に試験的に開始されていた。すでに11の銀行の支援を受けており、さらに多くの銀行が間もなく参加すると予想だという。

バコンは日本のブロックチェーン企業ソラミツが開発しており、同社の「ハイパーレジャーいろは」を活用。カンボジアにおける金融包摂を促進するため、安全・簡単・迅速かつ無料の決済・送金を実現するトークン型のカンボジア国立銀行デジタル決済「バコン」を開発。

カンボジア国立銀行総局長のChea Serey氏はブロックチェーンベースのピアツーピアの支払いおよび送金プラットフォームであるバコンシステムを「カンボジアの国家支払いゲートウェイ」であると述べた。

「カンボジアの決済部門のすべての参加者に同じプラットフォームを使用させ、エンドユーザーが口座を開設する銀行に関係なく簡単に相互に支払いを行えるようにする中心的な役割を果たします。

最終的には、バコンシステムを通じて国境を越えた支払いも許可したいと考えています。」

カンボジアの公的銀行であるプノンペン商業銀行(PPCBank)の社長であるChang Moo氏は、同銀行のすべての支店でこのバコンシステムを使用していると語った。

その上でクレジットカードやデビットカード、モバイルプラットフォームなどの従来の支払い方法や送金方法と比較して、バコンシステムの方が安くて便利だという。

しかし、これは公的システムであるため、「少なくとも短期的には、一部の銀行は、バコンに対する市場シェアの一部を失う可能性がある」とMoo氏はコメントした。

しかし、バコンシステムは最終的に、業界のすべての利害関係者が恩恵を受けることができる財政的に包括的なエコシステムを作成するという。

デジタル人民元やリブラに先駆けて「世界初のブロックチェーン中央銀行デジタル決済」となるのか注目が集まります。

ソラミツ株式会社のプレスリリースはこちら