仮想通貨取引所Binance、「Yahoo・TAOTAO」と戦略的提携で交渉開始!

仮想通貨取引所Binance、「Yahoo・TAOTAO」と戦略的提携で交渉開始!

世界大手仮想通貨取引所Binanceは、ZコーポレーションとTaoTaoと、日本市場における戦略的提携で交渉を開始。TaoTaoの公式リリースで明らかになった。

※Zホールディングス株式会社(2019年10月1日にヤフー株式会社から社名変更)の100%子会社であるZコーポレーション株式会社

今後3社はBinanceからTaoTaoへの「世界最先端の暗号資産取引関連技術の提供や暗号資産取引所運営のサポートなど」、日本市場における戦略的なパートナーシップについて協議を進めていくという。

また、Binanceの公式ブログには、ZコーポレーションとTaoTaoはBinanceとの議論と審議を継続し、日本のユーザー向けのトレーディングサービスの準備を開始。そして、金融庁と協力して日本市場での規制への完全なコンプライアンスを確保する説明されている。

先日、Binanceは「日本の法令に完全に準拠したサービスの提供のための改修」の為、日本に居住するユーザーを対象に、サービスを段階的に取引制限を実施する予定と発表した。

この発表にユーザー含め仮想通貨界隈ではさまざまな憶測が飛んでいたが、結果として今回の発表により、若干意味合いは違うが日本進出への前準備であった事が明らかになったといえる。

若干意味合いが違う理由として、16日に韓国のニュースメディアblockinpressで、BinanceのCEOであるCZ氏が「明日、ヤフージャパンとの大型提携のニュースが公開されるだろう」と語ったと報道されていた。

仮想通貨取引所Binance、「ヤフージャパンとの提携」!?日本参入再挑戦か!

2020.01.17

つまり、「ヤフージャパンとの大型提携」ではなくて「ZコーポレーションとTaoTaoと戦略的提携で交渉」の公開というのが、事実報道となる。

現段階では、パートナーシップについて協議を進めていくという段階だが、日本ユーザー、日本市場にとってポジティブなニュースと言えるだろう。