チュニジアのオリーブ油生産者CHOがブロックチェーンで製品追跡!

チュニジア ブロックチェーン オリーブオイル

チュニジアのオリーブ油生産者CHOがブロックチェーンで製品追跡!

南部地中海最大のオリーブオイル生産者の1つであるCho GroupとIBMは、ブロックチェーンによる食品追跡ネットワーク「IBM Food Trust Network」を使用して、エキストラバージンオリーブオイルの出荷のトレーサビリティを提供することを発表した。

オリーブオイルフード

Choはチュニジアで最大のブランドオリーブオイルの輸出業者であり、同社の製品であるエクストラバージンオリーブオイル「Terra Delyssa(テラ デリッサ)」について、オリーブを栽培する果樹園、オリーブを粉砕する工場、油のろ過、瓶詰め、流通など、8つの品質保証チェックポイントについてIBMのブロックチェーンネットワークを使用してトレーサビリティを実行する。

これにより世界中のTerra Delyssa小売店の顧客は、各ラベルのQRコードをスキャンできるようになり、出所記録の表示が可能となる。

この記録には、製品の流通過程の詳細や、ディスプレイにはオリーブが栽培されていた畑の写真までもが含まれており、顧客がオリーブオイルの起源についての安全性と、その流通過程での品質についてチェックすることが可能となる。

olive-oil

IBM Food Trustを介したブロックチェーンテクノロジーの使用により、変更できないトランザクションの永続的な記録を作成することにより、サプライチェーン全体で大きな信頼が得られます。ブロックチェーンを使用すると、オリーブの出荷にイベントが発生する度に、サプライチェーンの記録される。

つまり、小売業者の棚にあるすべてのオリーブオイルのボトルは、木から加工、ボトルから棚へと移動し、顧客が記録して視覚化することができるようになる。

IBM Food Trustには、Nestle、Carrefour、Douwe Egberts、Labeyrie、Raw Seafoodsなど各国の有名な小売業者および食品サプライヤーが参加しており、このネットワークにより、食品サプライチェーンの追跡と店舗へのより安全な製品の提供を支援し、迅速なリコールと汚染源の追跡によって食物媒介性疾患を予防することも可能となる。

ブロックチェーンのユースケースとしての食品トレーサビリティは、オーストラリア、インド、中国、タイなど、いくつかの国で試行されており、今後の発展も期待したい。