国連事務総長、「国連はブロックチェーンを受け入れなければならない」

国連事務総長、「国連はブロックチェーンを受け入れなければならない」

28日、国連の事務総長であるアントニオ・グテーレス氏が、ブロックチェーンは持続可能な世界の構築を支援できる為、国連はさらなる作業の重要な要素としてブロックチェーンを受け入れなければならないと考えているとフォーブスが報じた。

「António Manuel de Oliveira Guterres」の画像検索結果

アントニオ・グテーレス国連事務総長 出典:alchetron.com

「国連がデジタル時代の私たちの使命をより良く実現する為には、持続可能な開発目標の達成を加速するのに役立つブロックチェーンなどのテクノロジーを採用する必要があります。」

グテーレス国連事務総長は、昨年の秋、ブロックチェーンをすでに国連の議題に置いています。昨年の秋、国連の内部活動は分散型台帳技術(DLT)と人工知能の助けを借りて大幅に改善できると述べました。

ブロックチェーンは、他の仮想通貨と同様に、ビットコインの基礎となる新生技術です。また、仮想通貨取引を禁止している中国やロシアなどの多くの国では、ブロックチェーンの採用を国を挙げて進めている。

マネーロンダリングを防ぎ、国内の人々の取引を追跡するシステムを改善する為にブロックチェーンを使用する事に焦点を当てている中国とは異なり、国連はブロックチェーンを使用して、国連児童基金(UNICEF)を介してBTCおよびETHで寄付を集めています。

基金はブロックチェーンを使用して、寄付者がお金を正しい目的地に送ることを保証。同じ原則に続いて、Binanceのブロックチェーンチャリティ基金があります。Blockchain-Charity-Foundation

このプロジェクトは、マルタ共和国の国家基金である「マルタコミュニティチェスト財団」とともに進められており、身体的障害、重度の病気、極度の貧困に苦しんでいる人々の生活を改善することを目標としている。

BINANCEのCEOであるCZ氏は、このプラットフォームはチャリティー活動における最大の問題となる「透明性」と「説明責任」の問題を解決できると説明、これにより新しい寄付の形を生み出し、世界を変える事ができる信じていると語っています。

Blockchain Charity Foundation(BCF)の公式サイトはこちら