ビットコインマイニングが中国によってさらに管理される!中国のハッシュレート過去最高!

ビットコインマイニングが中国によってさらに管理される!中国のハッシュレート過去最高!

デジタル資産管理会社CoinSharesの最近のレポートによると、中国は現在、ビットコインの合計ハッシュレートの66%を担当しています。これは、7月から6%増加しています。

特に、CoinSharesが2017年にハッシュレートの監視を開始して以来、中国は現在、コインの最高シェアを生産しています。

11月初旬、ビットコインマイニングは、中国が排除したい業界のリストから削除されました。この動きは、採掘事業の急成長を活用するという国の計画を本質的に確認しました。

中国政府、仮想通貨マイニング産業を排除する計画を廃止した!

2019.11.07

数々のトラブルにもかかわらず、Bitmain社やCanaan社のような中国のマイニング企業は、最先端の機器で最高位に君臨を続けています。

BitmainのCEO、Jihan Wu氏は今年1月にIPOの失敗などを理由に、BitmainのCEOから退任していた。一方で、Jihan Wu氏は退任後も強い影響力を持っており、10月には同じく創業者兼CEOであったMicree Zhan氏を突如解雇している。

そして、同社の共同設立者Micree Zhanを追い出した後、Jihan Wu氏は再度Bitmainの指揮を執っていますが、新しい販売戦略を展開し、顧客をボラティリティからヘッジすることで、会社の栄光を取り戻したいと考えています。

Canaan社は米国のナスダックの新規株式上場(IPO)にて、9000万ドル(約97億円)を調達しました。

世界2位マイニング企業Canaanが米NASDAQに上場!

2019.11.15

CoinSharesの調査責任者であるChris Bendiksen氏は、次のように述べています。

「これは中国のマイニングにとって有益です。」

「ハッシュレートの割合を最初に増やした場合、競合他社より先にそれを行うことができれば、それは一般に良いことです。」

3つの最大のビットコインマイニングプール(Poolin、F2Pool、BTC.com)も中国から運営されています。

中国の独裁体制がビットコインのマイニングを非常に支配しているという事実はあるが、習近平国家主席による最近のブロックチェーンの採用にもかかわらず、ビットコインは共産主義国家で禁止されたままです。

マイニングシェア、打倒中国!

中国のマイニングシェアを奪う為にロシアの起業家であるドミトリー・マリニチェフ氏は、カレリアの旧ロシア工場の建設をリースして、主要なマイニングファームを建設する計画を明らかにした、と地元の金融機関RBCが報告している。

マリニチェフ氏は、ロシアマイニング会社(RMC)の先頭に立っており、2017年10月に最初の公募により43百万ドルを調達しました。

また、アメリカの億万長者Peter Thiel氏 は最近、「Lone Star State」を世界最大のマイニングハブにする為に、テキサスに拠点を置くクリプトスタートアップに5000万ドルを投資しました。