ビットストップ、米国最大のショッピングモールにビットコインATMを設置!

ビットストップ、米国最大のショッピングモールにビットコインATMを設置!

26日、ビットコインATMを展開している「ビットストップ(Bitstop)」は、米国最大のショッピングモール「サイモンモール(Simon Malls)」と提携して、複数のモールにATMを置く事を発表した。

ビットコインATMにより、ユーザーは簡単かつ安全に少量の現金でビットコインを売買できる。

ビットストップは、すでにカリフォルニア州・フロリダ州・ジョージア州のショッピングモールに5つのビットコインATMを設置。

bitstop-simon-malls

フロリダ州サンライズのソーグラスモールにあるビットコインATM 出典:ビットストップ

今回の発表についてビットストップの共同設立者兼CEOであるアンドリューバーナードは以下のようにコメントしている。

「ビットモールATMをサイモンモールに新しく設置する戦略的なタイミングで、顧客はブラックフライデーとクリスマスのホリデーショッピングをしながらビットコインを便利に購入できます」

「ビットコインは、このホリデーシーズンに家族や友人に最適な贈り物です。 当社のビットコインATMモールの場所は、ビットコインとデジタル通貨が主流文化の一部となる為、トレンドの最前線にいます。」

また、10月にはマイアミ国際空港にビットコインATMを設置した事も発表している。

現在、全国に130以上のビットストップのビットコインATMが設置させており、毎月増えてるという。 今後、2020年末までに、ビットコインATMを500以上の設置を目指しネットワークを拡大する予定と報告されている。

ビットストップ(Bitstop)とは

ビットストップ(Bitstop)は、フロリダ州マイアミに本拠地置くビットコインテクノロジー企業です。 2013年に設立されたビットストップは、ビットコインATM業界の初期のパイオニアであり、ビットコインを簡単に利用できるツールとサービスを構築する事を目的としている。

そして、24時間年中無休の電子メールサポートや通常の営業時間中の電話によるライブサポートなど、迅速かつ専用のカスタマーサービスを提供する。

Bitcoin ATM業界は右肩上がりで、 全世界のビットコインATMの総数はすでに6,000台を超えており、2020年末までに10,000台を超えると予想されています。