コインチェック、新たにStellar Lumens(XLM)の取扱いを2019年11月12日(予定)に開始!

コインチェック、新たにStellar Lumens(XLM)の取扱いを2019年11月12日(予定)に開始!

コインチェック株式会社は、国内では初めてStellar Lumens(ステラルーメン)(XLM)の取扱いを2019年11月12日に開始する予定である。

Stellar Lumens(ステラルーメン)とは、Stellar社が開発するブロックチェーンStellar Ledger(ステラ台帳)上で発行される仮想通貨のことで、ビットコインに比べて処理が高速で、かつ手数料が安価であるという特徴がある。

Stellar Lumens(ステラルーメン)は、その目的を国際送金の円滑化としており、新興市場で銀行口座を持っていない人への金融サービスを提供することをミッションとしている。リップルが大手金融機関や法人への提供を焦点としてるのに対し、Stellar Lumens(ステラルーメン)は、個人間での利用を目的としている。

コインチェックではStellar Lumens(ステラルーメン)の送金、受取、購入、売却をサポートすることとなり、同社がサポートする仮想通貨は計11種類になる。

コインチェックの和田晃一郎副社長はツイッターにて以下のようにコメントしている。

「日本の取引所にとって大きな一歩」

「国内全体で通貨上場のフローが整ったためであり、今後も様々な通貨が上場することになる」

Stellar(ステラ/XLM)の詳細・特徴・将来性|Rippleベースで個人間での決済・送金に特化した仮想通貨!基本解説

2019.01.01