G20、「Libra」などのステーブルコインへの規制強化で合意!

G20、「Libra」などのステーブルコインへの規制強化で合意!

米国時間18日、米ワシントンで2日間の日程を終えてG20の財務省中央銀行総裁会議が閉幕。FacebookのLibraなどの仮想通貨は、ステーブルコインのもつ様々な世界的リスクへの対処策などが考え出されるまで発行を認めるべきではないとし、規制を強化する事に合意した。

また、数日前、G7では、ステーブルコインが世界的な通貨制度を脅かすと警告が出されていた。

ステーブルコインの現段階のリスク

ステーブルコインが金融革新の潜在的な利益を得る一方で、一連の「深刻な」公共政策および規制リスクを生じさせることに懸念。

特にマネーロンダリング、違法金融、消費者および投資家の保護に関連するリスクを含むこうしたリスクは、これらのプロジェクトが運用を開始する前に評価し、適切に対処する必要があるとされた。

麻生太郎財務相は閉幕後の議長国記者会見で「懸念がある間に(デジタル通貨を)出すのは、賛成している国がない」と断言した。

「G20 リブラ」の画像検索結果

出典:nikkei.com

日本銀行総裁の黒田晴彦氏は、G20が金融安定委員会(FSB)や金融行動タスクフォース(FATF)などの標準設定機関から受け取った提案に基づいてステーブルコインを規制する方法について議論を開始すると述べた。

「政策立案者は、ステーブルコインがもたらす様々なリスクについて懸念を表明しています。対処されるまで、ステーブルコインは発行されません。」

「新興国の一部は、巨大な顧客基盤に支えられたステーブルコインが世界中で広く使用されるようになるとどうなるかについて懸念を抱いている」

「しかし、これは新興国だけの問題ではありません。金融政策と金融システムの安定性により広範な影響を与える可能性がある」

また、中央銀行がデジタル通貨を発行する可能性について「G20内でいま具体的に議論になっているわけではない」と指摘。

「あくまでも民間ベースのクロスボーダーの資金決済、送金についてもっと効率的にできないか、国際決済銀行を中心に検討していこうということだ」として、「日銀としても、具体的にデジタル通貨を検討しているわけではない」と語った。

FSBとFATFは、ステーブルコインに関する調査結果を来年G20に報告する予定です。これにより、Facebookが2020年にLibraを展開するという目標を達成する可能性が低くなります。