PundiX、ブロックチェーンスマホ「Blok on Blok(BOB)」を発表!

PundiX、ブロックチェーンスマホ「Blok on Blok(BOB)」を発表!

ブロックチェーン企業「PundiX(プンディエックス)」は、2019年国際コンシューマ・エレクトロニクス展(IFA 2019)でブロックチェーンを搭載したスマートフォンの新しい外観と名前を発表しました。

以前は「XPhone」として知られていましたが、今回新たに「Blok on Blok(BOB)」という名称がつけられています。

出典:functionx.io

Blok on Blok(BOB)は、世界初のフルブロックチェーンOSである「Function X」のブロックチェーン上で全てのデータが実行されるスマートフォンとなり、サービスプロバイダーはユーザーのデータを保有する事ができないようになっているという。

つまり、通話、テキスト、およびユーザーがアクセスするすべてのデジタルプラットフォームが完全に分散化され、プライバシーとセキュリティが保護される。

Blok on Blok(BOB)の特徴

「ブロックチェーンモード」と「Androidモード」

BOBは、ユーザーが「ブロックチェーンモード」と「Androidモード」をシームレスに切り替える事ができます。ブロックチェーンモードはオープンソースf(x)OSで実行され、BOBの分散プロセスがすべて含まれますが、Androidモードは多くの人が慣れ親しんでいる従来のAndroid搭載デバイスと同じようにBOBを使用する事ができる。

「外部パーツをカスタマイズ」

BOBは、ユーザーがデータを完全に制御できるようにするだけでなく、外部デザインをカスタマイズ可能できるようになります。

BOBには簡単な自己組み立てキットが付属しており、ユーザーは、独自のBOBを組み立てて構築し自分好みのデザインにカスタマイズする事ができる。また、外部アクセサリを追加して、他の人はかぶらない独自のスマートフォンにする事もできます。

出典:functionx.io

Pundi Xの共同設立者兼CEOであるZac Cheah氏は、次のように述べています。

「BOBは、ブロックチェーンテクノロジーだけで動く世界のスニークピークを提供します。誰もが自分のデータを制御し、不変性と透明性を期待してすべてが実行されます。」

Pundi Xは「Kickstarter」でクラウドファンディングキャンペーンを開始すると伝えられており、最初のバッチで販売される予定のデバイスは5,000台のみで、販売価格は599ドル(約6万4,000円)

PundiXが開発するブロックチェーンスマホ「XPhone」の新機能・スペック・価格設定が公開!

2019.03.02

Pundi X(プンディエックス/NPXS)の詳細・特徴・将来性|仮想通貨取引でセブンイレブンのような手軽さを目指すプロジェクト!基本解説

2019.02.18