ドイツのコメルツ銀行が自動化されたトラックのブロックチェーン支払いを開発!

ドイツのコメルツ銀行が自動化されたトラックのブロックチェーン支払いを開発!

8日、ドイツで2番目に大きい銀行である「Commerzbank(コメルツ銀行)」によると、人間の介入を必要としないブロックチェーンベースの支払いのテストを行った事を発表しました。

同銀行は、ブロックチェーンでユーロを発行し、メルセデス・ベンツ車のメーカーである自動車大手のダイムラー・トラックに支払いを処理するための「キャッシュオン・レジャー」を提供するソリューションの最初のユースケースのテストを既に完了ています。

ユースケースでは、請求とその後の支払いの両方を完全に自動的に処理できることを実証しました。「マシン間の独立した通信と相互作用(マシンツーマシンまたはM2Mと呼ばれる)が行われています。これにより、ダイムラーのトラックを充電する際の決済処理を完全に自動化した

コメルツ銀行の取締役会メンバーであるステファン・ミュラー氏は、同銀行がブロックチェーン技術にますます注力していると語っている。

「最近の証券取引のデジタル化とブロックチェーン技術の使用に続き、DLTベースの支払い構造に焦点を当てています。銀行として、私たちは当然、顧客のために新しいデジタル決済アーキテクチャを作成することを使命と考えています。」

その他のユースケースは、化学、製造、不動産業界で調査できると付け加えました。 

コメルツ銀行がブロックチェーン技術を調査するのはこれが初めてではありません。今年の初めに、同銀行は貿易金融ブロックチェーンのマルコ・ポーロを介して商業取引を実行し、技術のおかげでコマーシャル・ペーパー取引を「数日ではなく数分で」処理しました。