Facebook、仮想通貨「Libra」の延期や中止の可能性を示唆!|SEC提出の文書で明らかに!

Facebook、仮想通貨「Libra」の延期や中止の可能性を示唆!|SEC提出の文書で明らかに!

Facebookが、仮想通貨「Libra」の発行が延期または中止になる可能性があることを認めていると米国証券取引委員会(SEC)に提出された文書で明らかになった。

Facebookは6月18日、仮想通貨「Libra」のホワイトペーパーを発表した際に「Libra」の発行を「2020年上半期に発行」を予定していると発表していた。

Facebookのステーブルコイン「Libra」とは?|ホワイトペーパーを公開

2019.06.21

その後、各国の政治家や規制当局などから、資金洗浄などに悪用される可能性や個人情報の流出などの可能性、既存の経済システムを脅かす可能性があるなどいった懸念の声が複数挙がっている。

「Libra」の責任者でもあるDavid Marcus氏は、国会の公聴会で「規制に準拠することを最優先にする」との発言やFacebookのCEOであるMark Zuckerberg氏も「プライバシー保護に注力しつつ、すべての懸念に対処するために規制当局と協力する」と語っていた。

Facebookの仮想通貨Libraの公聴会の簡単まとめ|2日間で6時間以上の証言

2019.07.18

今回提出された文書には、Facebookは仮想通貨「Libra」が複数の法域で政府や規制当局から重大な調査を受けており、その調査は継続されると予想している。そして、引き続き以下のように述べている。

通貨(Libra)の市場での受け入れは、重大な不確実性の影響を受けます。そのため、Libraまたは当社の関連製品およびサービスが適時に、またはまったく利用可能になるという保証はありません。」

現在、報告されている懸念点の対処、それに伴い世界各国の規制当局からの厳しい監視下でプロジェクトを展開していくのは容易ではなく、当初予定とされていた「Libra」の発行時期の「2020年上半期」よりも大幅に超えてしまう事が考えられている。

その上で、政府や規制当局を最終的に納得させる事ができなければ、中止の可能性すらもあると言うことだ。

ある意味、政府や規制当局らをここまで本気に動かしたのは、巨大なSNSを運営し、27億人のユーザーを抱えているFacebookだからではないだろうか。

それだけにもし「Libra」が中止にまで追い込まれた際には、大きな反響が及ぼす事にもなりそうだ。引き続き注目が集まります。