法定通貨と取引可能な仮想通貨取引所「Binance Singapore」のローンチを正式発表!

法定通貨と取引可能な仮想通貨取引所「Binance Singapore」のローンチを正式発表!

10日、世界大手仮想通貨取引所「Binace」は、仮想通貨と法定通貨の取引を行う「Binance Singapore(バイナンス・シンガポール)」をローンチした事を正式に発表した。これにより、シンガポールドルで仮想通貨のリアルタイムの入金・出金を行う事が出来る。

Binanceは2018年10月にアフリカのウガンダで「Binance・ウガンダ」、2019年1月にはイギリスとフランスの間に位置するジャージー島にて「Binance・ジャージー」を開設しています。そして、今回、Binanceの3番目となる法定通貨建ての取引所「Binance・シンガポール」の開設となります。

取引所「Binance Singapore」では、下記の3種類の通貨を取り扱っている。

  • ビットコイン(Bitcoin/BTC)
  • イーサリアム(Ethereum/ETH)
  • バイナンスコイン(BinanceCoin/BNB)

4月のソフトローンチ以来、ユーザー登録・利用数は毎週およそ20%の増加が記録されている。そのソフトローンチの発表の際にBinanceの広報担当者は、「規制が許す限りさらに多くのペアが追加される可能性があります。」と述べている。

また、先日台北で開催された「Asia Blockchain Summit」でBinance CEOのCZ氏は、最大20倍のレバレッジでBTC / USDT先物をサポートすると発表しました。

Binanceは最大20倍のレバレッジで先物取引プラットフォームを発表!

2019.07.02

さらに、米国ユーザー向けの仮想通貨取引所である「Binance US」を立ち上げる計画も明らかにされており、世界最大手取引所「Binance 」の事業拡大の動向から目が離せません。