仮想通貨取引所「Binance」、仮想通貨「Libra」の上場についてFacebookと正式交渉!

仮想通貨取引所「Binance」、仮想通貨「Libra」の上場についてFacebookと正式交渉!

27日、世界最大手取引所Binanceの最高戦略責任者(CSO)であるGin Chao氏がFacebookと「Libra」について協議した事をメディアFinance Magnatesが明らかにした

Facebookは6月18日に独自仮想通貨「Libra」のホワイトペーパーを発表。そのネットワークは最終的に100を目指すと公表され、最初の段階でも大手企業のVISA、Mastercard、eBay、Uberなどを含む27社と共同で、2020年前半までに仮想通貨を発行すると発表している。

Facebookのステーブルコイン「Libra」とは?|ホワイトペーパーを公開

2019.06.21

Gin Chao氏はBinanceとFacebookが同取引所へLibra上場について協議している上で「交渉は初期段階」と指摘している。

また「インフラストラクチャの取り扱いに主に焦点を合わせている」と付け加えている。

彼らのコインを私たちの取引所にリストアップするのは、(Facebookの)利益になるだけではない。他の取引所にも上場することはFacebookの利益にもなりますし、それはおそらく起こるでしょう。

Facebookが「Libra」をパブリックチェーンに移行させる際に広く普及しているなら、我々はリブラを上場させたいと思うだろう」

そして、Gin Chao氏は仮想通貨メディアCryptoPotatoに対して Libraのバリデーションノードになるための交渉も行なっている事も明らかにしている。

また、Libraが仮想通貨の実際のユースケースを構成する為、これまで見てきた仮想通貨の採用の為の最良のブリッジであると考えています。

世界最大手取引所Binanceが正式に交渉する事は仮想通貨業界に大きな影響を与え、Libraの存在価値は安定的な方向へ進む可能性があるのではないでしょうか。