ブロックチェーン技術を活用した「住宅ローン」の計画発表!イーサリアムで「家をトークン化します!」

ブロックチェーン技術を活用した「住宅ローン」の計画発表!イーサリアムで「家をトークン化します!」

Fintechのの新興企業である「Fluidity」社は、今年の夏までにカリフォルニア州とニューヨーク州で最初のイーサリアムの技術を用いた住宅ローンを提供する計画を発表しました。そのプロジェクトは「SMART MORTGAGE(スマート・モーゲージ)」と呼ばれている。

Fluidity社が提供する住宅ローン「SMART MORTGAGE」は、バックエンド管理の為のスマートコントラクトと仮想通貨を使用します。

Fluidity社のチーフアーキテクトであるTodd Lippiatt氏は、メディアCoinDeskに「MakerDAO」のステーブルコイン「DAI」のローンのような、イーサリアムを中心の貸付プラットフォームとの提携を模索していると述べています。

正式発表の前に、同氏は、住宅ローン「SMART MORTGAGE」がどのように機能するかについて以下のように述べています。

「私たちは家をトークン化します。それは家の公平性である担保を効果的に取ります。あなたはその家に誓約しており、あなたはドルの面で高度な料金を取り戻します。」

イーサリアムをベースとしたステーブルコインは、未だに安定性と流動性の面で不安を抱えていますが、この住宅ローンでは、不動産の借り手も売り手も直接、仮想通貨に触れるわけではない為、リスクの軽減が可能であると説明している。

借り手はより従来の貸付と同様にオンラインで信用調査を提出しなければなりません。それらの情報を管理する「Fluidity」社は、住宅ローンのトークン化された表現でスマートコントラクトを作成します。これらのローンがまとめて「AirSwap」のような取引所を通じて証券として売却される可能性があるという。※AirSwapとはERC20トークン専用の分散型取引所

Lippiatt氏は、最後にこの住宅ローンは、「中央銀行の政策」や「政治の影響」といった外的要因がない為、より簡易的で低コストな料金設定を提供できるとコメントを残した。

ブロックチェーン技術を用いて不動産をトークン化する取り組みは、世界各地でも進められており、今年4月にはアジア太平洋地域で初めてとなる北海道のニセコにある2つの物件がブロックチェーン上で取引されています。

ブロックチェーンの不動産取引への適用により、顧客のお金や時間を節約しながら、グローバル物件取引に透明性と効率性をもたらしていく事がさらに認知されていくでしょう。今後、グローバル市場におけるこの急成長は、処理の簡素化により促進されると考えられます。

国際不動産取引プラットフォーム「Propy」、日本で初めてブロックチェーンで不動産取引を完了!

2019.04.14