ブロックチェーンとIoTとの関係性・メリット

IoT、またはモノのインターネットとは、あらゆる可能なデバイスをインターネットに接続し、それらが互いにデータを収集および交換できるネットワークを作るという概念です。

コンピュータやスマートフォンは間違いなくIoTの一部で、その他にも自動車、スマート家電、医療機器、あらゆる種類のセンサー、プリンタなどたくさんのものが含まれます。

ブロックチェーンとモノのインターネット(IoT)は、世間の注目を集めるとともに、世界の金融業界や業界のリーダーたちが両方のテクノロジを導入しています。

この記事ではブロックチェーンとモノのインターネット(IoT)の利点について簡単に説明していきます。

ブロックチェーンはどのようにしてIoTを向上させるのか

セキュリティを向上させる

ブロックチェーンはデバイスメッセージ交換をスマートコントラクトによって検証されたトランザクションとして扱います。トランザクションはブロック単位で記録される為、トランザクションが正しい順序で配置され、追加時にタイムスタンプが割り当てられます。

ブロックチェーンで使用される暗号化アルゴリズムは、消費者のデータをより安全でプライベートにし、以前のレコードが変更されるのを防ぎます。

スマート契約を導入する

ブロックチェーンは、トランザクションと対話を含むアプリケーションの基本レイヤとして機能するように設計されており、スマートコントラクトはその中で重要な役割を果たします。特定の条件が満たされると、それらは自動的に実行されます(トランザクションを承認または認証する為に仲介者は不必要)。

それにより、安全で自律的な機能、より安価でより速い転送、およびデータセキュリティの脆弱性の減少をもたらします。スマート契約は請求プロセスを容易かつ快適にし、複雑な支払いシステムは必要ありません。トランザクションが実行され、トークンが転送され、これらのプロセスはブロックチェーン上で明確かつ透過的になります。

分散化

従来の集中型アーキテクチャとは対照的に、分散型ブロックチェーンネットワークはシステムのフォールトトレランスを向上させます。

フォールトトレランスとは、システムに障害が発生した場合にも正常に機能し続けること。

シングルポイント障害は数百万もの個々のノードで実行される為、ネットワーク全体を無効にする事はありません。さらに、分散システムでは、保存され処理された情報は少数の強力な会社によって管理されていません。

シングルポイント障害(SPOF) とは、その箇所が停止するとシステムの全体が停止するような箇所。システムの弱点の事。

コストカット

ブロックチェーンは、インフラストラクチャの必要性を排除する事で、接続コストを大幅に削減します。追加の管理、サービス保守、またはセットアップの費用は必要ありません。

ブロックチェーンとIoTとの関係性・課題

2019.05.07