マレーシア、世界初の暗号化観光都市の開設を計画!年間300万人の来場者を見込み!

マレーシア、世界初の暗号化都市を開設を計画、年間300万人の来場者を見込み

マレーシアのマラッカ市の835エーカー(約338ヘクタール)もの土地を利用して、「DMI」と呼ばれる新しい仮想通貨を支持して現金の利用を禁止とする世界初の暗号観光都市計画が予定されているとThe Sunが報じている。

開発計画はブロックチェーン技術を強力にサポートしている中国政府が支援をしており、モバイルエンタープライズ、ビジネスインテリジェンス、及びサイバーセキュリティサービスを提供するDMI社も参加している。

この地域は「Melaka Straits City(マラッカ海峡シティ)」と呼ばれます。ブロックチェーンの街に入ると、観光客は自分の携帯電話やコンピュータを通して自分のお金(法定通貨)をDMIに変換する事ができます。

DMIウェブアプリは、パソコンやアンドロイド、iOSデバイスから利用可能となる予定とした。

滞在中に公共サービスの料金を支払いをする場合は、観光客はブロックチェーン技術用いてDMIへの変換する方法を知っておく必要があります。

 これは街がどのように見えるかです。

Melaka Straits City  出典:thesun.co.uk

この開発のプロジェクトリーダーのLim Keng Kai氏は、以下のように述べている。

「当社は最先端のブロックチェーン技術を使用し、それらを伝統的な産業に統合してマレーシアを世界クラスの観光地にしています。

私たちはこの土地を修復する事を政府の承認を得ており、この地域でいくつかの素晴らしい計画を思いついたのです。」

開発者は、ブロックチェーン都市に年間最大300万人の観光客を引き付けると予想しています。

他の同様のプロジェクトが世界中で進行中ですが、「Melaka Straits City」開発はアジアで最初のブロックチェーン都市を目指しています。

昨年、ブロックチェーン起業家はヨーロッパ最大のショッピングセンターの1つで「Bitcoin City」を立ち上げました。スロベニアのリュブリャナにあるこの商業複合施設は、4,000の小売店と企業にまたがる支払いオプションとして仮想通貨を統合しています。