アマゾンウェブサービスの「Amazon Managed Blockchain」が一般公開!

アマゾンウェブサービスの「Amazon Managed Blockchain」が一般公開

米最大手ECサイト・Webサービス会社である「Amazon(アマゾン)」が提供するクラウドサービス「アマゾンウェブサービス(Amazon Web Services/AWS)」は、スケーラブルなブロックチェーンネットワークの作成と管理を容易にする完全管理型サービスである「アマゾン・マネージド・ブロックチェーン(Amazon Managed Blockchain/AMB)」を米国時間4月30日に一般向けにも提供され始める事をアマゾン公式ブログで発表しました。

「Amazon Managed Blockchain/AMB」は、ブロックチェーンネットワークの作成、管理、拡張を簡単かつ費用対効果の高いものにする完全管理型サービスを提供する事を目的としている。

信頼された中央当局を必要とせずに、複数の当事者がトランザクションを実行し、それらの暗号的に検証可能な記録を保持する事を許可するユーザーは、AWSマネジメントコンソールで数回のクリックで複数のAWSアカウントにまたがるブロックチェーンネットワークをすばやく設定する事ができるという。

また、Hyperledger FabricやEthereumなどの一般的なオープンソースフレームワークを使用して、何千ものアプリケーションと何百万ものトランザクションをサポートするように拡張する事ができる。

「Hyperledger Fabric」や「Ethereum」などのフレームワークを使用してブロックチェーンネットワークを作成する際には、以下の項目手順があります。

・ハードウェアのプロビジョニング
・ソフトウェアのインストール
・アクセス制御用の証明書の作成と管理
・ネットワーク設定の構成

などを行う必要がある為、実際にこれらのフレームワークを使用してネットワークを設定するのは困難で時間を要するものの「Amazon Managed Blockchain」を使用すれば、迅速かつ低コストに独自のネットワークを開発する事が可能になると説明されています。

そして、「Amazon Managed Blockchain」を導入している企業には、米国最大手通信企業「AT&T」や世界最大の食品・飲料会社「Nestlé」、デリバティブの市場において、最高の規制基準を満たす「シンガポール証券取引所(SGX)」などのさまざまなジャンルの大手企業がある。

上記企業の1つで、世界中の189カ国に2,000以上のブランドと世界的な流通を展開する世界的な食品飲料会社「Nestlé」のデジタルテクノロジーマネージャであるArmin Nehzat氏は、次のように述べている。

「Amazon Managed Blockchainを使用すると、Hyperledger Fabricネットワークを設定し、サプライチェーンの透明性への取り組みに協力するようパートナーに簡単に招待する事ができます。Amazon Managed Blockchainを使用する事で、顧客はブロックチェーン上の商品を農場から消費に至るまで追跡することができます。」

より多くの世界大手企業がブロックチェーン技術を導入していく中で、迅速かつ低コストでブロックチェーンネットワークを構築する事ができるサービスがリリースされる事は、今後さらにブロックチェーンを導入する企業が広がっていくのではないでしょうか。

そして、この発表でAWSは、マイクロソフトのAzureやIBMなどのエンタープライズ大手と共に、BaaS(Blockchain as a Service)の仲間となる。

※BaaSとは、ブロックチェーンを利用したアプリケーション、スマートコントラクトなどをブロックチェーンベースのインフラストラクチャを設定、管理、実行することなく手軽に構築することができるクラウドベースのサービスの事。