BMWとVeChain、ブロックチェーンベースの走行距離計不正防止アプリ「VerifyCar」を共同開発!

BMWとVeChain、ブロックチェーンベースの走行距離計不正防止アプリ「VerifyCar」を開発

2019年4月18日にサンフランシスコで開催された「VeChain Summit 2019」において、シンガポールのBMW Group AsiaのTech OfficeのITリーダーであるCihan Albay氏は、BMWVeChainとの共同開発による「ブロックチェーンの車載デジタルパスポート」VerifyCarアプリを発表しました。

VerifyCarとは走行距離計の改ざんによる詐欺行為に対処する為に開発され、「中古車の33%が走行距離計を偽造操作している」というドイツで広まっている問題に取り組む事を目指しています。 これは経済的影響の観点から、1台の車両あたり最大3,000ユーロ(約37万円)が合計で年間約60億ユーロ(約7400億円)の被害をもたらします。

Cihan Albay , Leader of IT Tech Office Singapore, BMW Group Asia, @vechainofficial, Twitter

BMW Group AsiaのIT Tech Office リーダー、Cihan Albay氏 出典:coinjournal.net

Cihan Albay氏は「VerifyCar」について以下のように述べている。

「ここでやろうとしたのは、データセットを検証し、売り手の言う事が本当に正しいかどうかを人々に知らせるデジタルパスポートを作成する事です。

VeChainブロックチェーンを使用してデジタル台帳を作りました。 自動車とのやりとりにはすべて、ブロックチェーンにハッシュキーが格納されています。 それは、フィルターの交換、バッテリーの交換、年次サービスの提供などです。

私たちの車にはすべて、データセットを定期的に送信するSIMカードが付いています。 これらのデータセットを保存し、それらを検証し、もちろんブロックチェーンを呼び出して、この呼び出しが既に行われていることを証明します。」

Albay氏によると、両社は1年以上前から協力しており、VerifyCarアプリはすでに車載用の車両でテスト済みであり、BMWは現在製品の提供方法を​​決定している段階という。

BMWはこれまでに数多くのパートナーシップ契約を結んでおり、使用される部品の追跡や修理履歴を追跡できる機能、顧客のデータをサーバーに保存する事なく、顧客の身元を確認し、信用履歴の正確性を証明する事を目指す為のプロジェクトに取り組んでいます。

今後さらに、ブロックチェーン技術を活用の取り組みをみせるBMWには、期待と注目が集まります。