韓国電子メーカー「サムスン」が独自通貨「サムスンコイン」の発行を視野に!

韓国電子メーカー「サムスン」が独自通貨「サムスンコイン」の発行を視野に

韓国最大の総合家電・電子部品・電子製品メーカーのサムスン電子(SAMSUNG)が、独自のブロックチェーンの開発を進めており、今後は独自通貨の発行も目指しているとCoinDesk koreaによって報じられた。

同メディアによると、イーサリアムベースのブロックチェーンを開発中で、現時点では社内でテスト実験の段階にある。その仕様は「プライベートブロックチェーンとパブリックブロックチェーンを混合したハイブリッド」になる可能性がある。

また、事業の方向性は決まっていないが、独自仮想通貨「Samsung Coin(サムスンコイン)」の発行も視野に入れているという。

もし、パブリックチェーンでの展開を実現すれば、「Samsung Coin(サムスンコイン)」が仮想通貨取引所でビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)と取引される可能性も考えられる。

また、先日発表されたサムスンの新型モバイルフォンGalaxy S10では、ERC20の仮想通貨やBTCにも対応するウォレットが内蔵されている。Galaxy S10は現在、米国、カナダ、韓国の3ヶ国のみでしか販売さていない。

しかし、ウォレットの実装に加え、サムスンが進めているブロックチェーンの開発や独自通貨の発行が問題なく実現すれば、サムスン主導の仮想通貨経済圏構想が浮かび上がってくる。

余談ではあるが、サムスンは折りたたみスマートフォン「Galaxy Fold」というスマホ史のシンギュラリティになるかもしれない製品を4月26日発売予定でした。しかし、レビュアーが使用してすぐに「ディスプレイが壊れてしまった」と報告があり、サムスン側は「改善の余地があるので発売を延期する」として発売延期が決定した。

「Galaxy Fold」の画像検索結果

出典:trustedreviews.com

発売延期になってしまったものの、個性溢れる1歩先を行った挑戦をするサムスン。この巨大IT企業による仮想通貨・ブロックチェーン関連の動向には期待と注目が集まります。