米大統領選挙で初のブロックチェーン投票導入か!ウェストバージニア州

米大統領選挙で初のブロックチェーン投票導入か!ウェストバージニア州

2020年に行われるアメリカ大統領選挙で、モバイルアプリを利用したブロックチェーン投票を採用する計画についてDonald Kersey氏が語ったと米暗号通貨メディアLONGHASHが報じた。

Donald Kersey - ブロックチェーンの上に構築

Donald Kersey氏 出典:UDACITY

米国初のブロックチェーン投票をウェストバージニア州で試験的に導入

ウェストバージニア州は2018年11月に行われた中間選挙でブロックチェーン投票を試験的に導入している。 この投票システムの導入は米国初の試みであり話題となったが、多くの選挙セキュリティの専門家から批判の声も相次いだという。

ブロックチェーン投票導入の背景

理由の1つに挙げられるのが投票率の低下である。 これまで国外など遠隔地に駐留する軍人などの有権者は、投票用紙を受け取り期限内に返送しなければならず、投票に参加する事は簡単な事ではなく、在外有権者の投票率は低いのが現状だ。

大統領の意思によって戦争が開始され、自国の為に命を懸けて戦わなければならない軍人もいる。 そんな彼らにこそもっと簡単に、確実に投票に参加し大統領を選ぶ権利があり、そのシステムが必要であるのだ。

多くの州が上記の理由で電子メールでの投票を許可しているが、ウェストバージニア州ではブロックチェーンでのオンライン投票を採用した。

多くの専門家から批判の声も

利便性や投票率向上の観点から考えても選挙の電子化は有効な手段であるが、多くの選挙セキュリティ専門家から批判的な声が上がっている。 情報漏洩などのリスクについて専門家は、ブロックチェーン技術に限らずあらゆるオンライン投票が危険にさらされる可能性があるとしている。

その1つはモバイル機器の安全性の問題だ。 仮に自分でも気付かないうちにスマートフォンがハッキングされていた場合、ブロックチェーン技術のセキュリティが高く安全であっても第三者の介入がないとは言い切れない。

この対策として、スマートフォンがマルウェアに感染しているか否かをチェックするテクノロジーを使用し、デバイスから怪しい物が検出された場合、開くことが出来ないシステムになっているという。

Kersey氏は、ブロックチェーン投票システムは完璧なものではないと認めた上でこう述べている。

「モバイル投票が最良の解決策だと言っているわけではない。ブロックチェーン技術がデータを安全に保存する最良の方法だと言うつもりもない。」 「私達が言い続けているのは、ただ既存の方法よりマシだということだ」

2020年の大統領選挙に向けウェストバージニア州は、ブロックチェーンモバイル投票の準備を進めている。