Ripple社が投資する「XRPL Labs」が銀行ライセンス取得へ!|サービス拡大を目指す!

Ripple社が投資する「XRPL Labs」が銀行ライセンス取得へ

Ripple社が投資するスタートアップ企業「XRPL Labs」社が提供する、投げ銭サービス「XRP Tip Bot」のサービス・普及拡大を目指す為に今後、銀行ライセンス含め複数のライセンスの取得に向けて取り組んでいる事を同社の創設者であるWeitse Wind氏が明かした。

このニュースは、2019年4月20日にオランダで開催された「XRP Community Meetup」に参加したTiffany Haydenのツイート共有されました。

昨日の「XRP Meetup」におけるビッグニュースは、WietseWind氏が「XRP TipBot」の銀行ライセンスを取得中であるということです!XRPLLabsはレガシーネットワークを橋渡しする事になるでしょう!古いものと戦って新しいものを構築しないでください。

XRPL Labs社が、申請していく事を表明したライセンスは以下の3つとなる

  • 法定通貨から仮想通貨へのライセンス
  • 仮想通貨カストディアンとしてのライセンス
  • 欧州通貨機構(EMI)の銀行ライセンス

このライセンスに加え、KYC(本人確認)やAML(資金洗浄対策)の要件を満たす事で、規制に準拠した形で仮想通貨XRPでの送金を提供し、サービス・普及拡大を目指している。また、Weitse Wind氏は、今後数年かけてライセンスを取得していくと述べていた事から、ライセンス取得の為に建築的に進めていく事が考えられる。

XRPL Labs社が提供する投げ銭サービス「XRP Tip Bot」は、現在、Tip BotはKYCを採用しておらず、1チップあたり5XRP、1ユーザーあたり1か月あたり最大1000 XRPの出金に制限しています。

そこで、規制に遵守してKYCやAML対策を提供する事を表明したという。また、現在は「Twitter」「Gmail」などでもXRPを送金できる事で話題を集め、また「Skype」でも導入される可能性があると期待されています。今後、銀行ライセンスなど取得をした際には、より世界中の人々が利用できるものになるでしょう。

また、同社のもう1つの製品で先日、実店舗で簡単に「XRP決済サービス」を導入する事ができるアプリで話題となった「XRPayments」などスケール拡大につながると考えられます。

App StoreとGoogle Play StoreでXRP決済を可能にした「XRPayments」!

2019.04.21

「Skype(スカイプ)」に投げ銭サービスの「XRP Tip Bot」が利用される可能性が!

2019.04.18

仮想通貨リップル(XRP)を「Gmail」で送信する事が可能に!

2019.03.30