「Binance」CZ氏の怒りのツイートから「仮想通貨ビットコインSVの上場廃止運動」へと発展!|#DelistBSV

Twitter上にて「ビットコインSVの上場廃止運動」が広まる

Twitter上で仮想通貨ビットコインSVの上場廃止運動が話題となり広まっている。

#DelistBSV=BSVの上場廃止(和訳)

事の発端は、仮想通貨ビットコインSVのチームの代表でもあるCraig Wright氏自身が、ビットコインの生みの親とも言われている「サトシ・ナカモト」と名乗っている事が原因となっている。

その「サトシ・ナカモト」は未だに性別・年齢・国籍すら確かな情報はない。そこで、以前から自称「サトシ・ナカモト」を名乗っているCraig Wright氏に不満をもった人もいるのも事実です。

イーサリアムの創設者ビタリック・ブテリン氏やビットコインのライトニングネットワーク普及を目指す運動「Lightning Torch」を始めた@hodlonautも幾度となく「詐欺師」呼ばわりした事からCraig Wright氏が名誉毀損で訴えると脅迫した。

それを見かねた仮想通貨取引所「Binance」のCEOであるCZ氏がCraig Wright氏の度を超えた行為に対して我慢の限界を示したほか、取り扱っているBSVの上場廃止を示唆する以下のツイートしたとされるが、実際の真相は明らかになっていない。

「クレイグ・ライトはサトシではありません。これ以上は我慢できない。上場廃止!」

そして、この流れからTwitter上で「#DelistBSV」という仮想通貨ビットコインSVの上場廃止運動が始まった。そして、ビットコインSVの上場廃止に賛同している多数のツイートが挙げられている。

その中に英投資コンサルティング企業Morgan Creek Digital Assetsの創業者アンソニー・ポンプリアーノ氏も反応しており以下のようなツイートをしている。

「存在価値のある唯一のビットコインの名の下で団結を示す為、5月1日に全ての取引所が同時にBSVを上場廃止にすべき

「我々は時々、困難なことをしなければならない。簡単だからではなく、正しいからだ」

この騒動により、世界最大手取引所「Binance」含め他の取引所も今後どのような対応をしていくのか、業界全体の注目が集まります。

「Binance」CEO、CZ氏が「自称サトシ・ナカモト」のCraig Wright氏に対して怒りのツイート|BSV上場廃止も示唆

2019.04.13