モバイル決済アプリZeuxがIOTAと提携!Apple Payで利用可能に!

21日モバイル決済アプリZeuxは取り扱い通貨にIOTA(MIOTA)を追加したと発表した

消費者はApple PayやSamsung Payを導入する加盟店で、MIOTAを利用した決済が可能となる予定です。

IOTAは、近年急増しているIoTデバイスに着目しており、「IoT(Ineternet of things)」機器と連携しコストの削減や支払いの簡素化等の最適化を目指す仮想通貨プロジェクトです。世界のIoTデバイスは、2025年には通信量は無線通信の限界値を上回ると予想されており、そこでIOTAは使用していないIoTデバイスの容量を他のIoTデバイスにリースする事でこの問題を解決しようとしています。

世界初!仮想&法定通貨を両方扱う決済アプリ

Zeuxは仮想&法定通貨金融投資プラットフォームを使用した世界初のモバイル決済アプリケーションを構築する事を目標としています。

仮想通貨、法定通貨の両方の多くの金融機関と提携し、モバイル決済、銀行、投資といった異なるサービスを組み合わせ1つのアプリケーションに統合しています。

同アプリはまだテスト段階であり、正式リリースとはなっていませんが、その実用性から注目が集まっています。

また、英国の金融行動監視機構であるFCA(Financial Conduct Authority)の認可を受けている事から信頼性の高さも伺えます。

Zeuxは14日にもQTUMの追加を発表したばかりであるが、既にBitcoinSVも追加されていて、今後次々と取り扱い通貨が増える事が期待されます。

世界的に有名なApple Payを利用し仮想通貨で決済が出来るという事は、私達の生活においても仮想通貨がより身近なものとなっていく事が予想され、仮想通貨業界にとっても追い風になる事が期待されます。

IOTA(アイオタ/MIOTA)の詳細・特徴・将来性|「IoT」をテーマにした仮想通貨!基本解説

2019.01.09