Aeternity(エタニティー/AE)の詳細・特徴・将来性|高性能版イーサリアムと呼ばれている仮想通貨!基本解説

現在、仮想通貨にはイーサリアムをベースとして開発された通貨が数多く存在します。

イーサリアムと言えば「スマートコントラクト」や「DAppsのプラットフォーム」が有名ですが、その機能を継承しつつ、新たな機能を追加し独自性を兼ね備えて活躍している仮想通貨には「○○版イーサリアム」と称されるものがあります。

例えば、仮想通貨NEO(ネオ)は「中国版イーサリアム」、仮想通貨ICON(アイコン)は「韓国版イーサリアム」などがあり、ポテンシャルも高く、優位性がある仮想通貨であります。

今回、ご紹介するAeternity(エタニティー/AE)もイーサリアムをベースとして開発され、基本的なコンセプトは同じですが、新たな機能を付け加え、従来のイーサリアムの課題を解決することによって、より高性能な仕組みを実現している仮想通貨です。

そのことから、「高性能版イーサリアム」と称されています。

この記事では、そのAeternity(エタニティー/AE)の詳細や特徴、将来性について詳しくご紹介していきます。

AIの最新価格・相場・チャート・評価


Aeternity(エタニティー/AE)とは

Aeternityとは、2016年12月にリリースされ、イーサリアムをベースとして開発された仮想通貨です。通貨単位は「AE」と表します。

Aeternityは、イーサリアムベースなのでスマートコントラクトやDAppsの展開も視野に入れています。また、イーサリアムが抱えている課題のスケーラビリティの問題を解決している点や、オフチェーンを使用する事でセキュリティ性も強化し、トランザクション(取引)速度も速くなっています。また、電力効率が非常に高くスマートフォンでマイニングもできるようになっています。

その事から「高性能版イーサリアム」と呼ばれています。

もちろん期待値は高く、ICO時には約37億円もの資金調達に成功しています。

Aeternity(エタニティー/AE)の詳細

通貨単位   AE

総発行量   約2億7400万AE

承認方式   Cuckoo Cycle

公開日    2016年12月

公式サイト  https://aeternity.com/

ホワイトペーパー https://github.com/aeternity/protocol

Aeternity(エタニティー/AE)の特徴

コンセンサスアルゴリズム「Cuckoo Cycle」

Aeternityは、Proof of Work(PoW)Proof of Stake(PoS)の2つを組み合わせた「Cuckoo Cycle」と呼ばれるアルゴリズムを採用しています。

簡単にいうと、PoWはCPU演算量の速さに応じて、PoSは資産保有量の多さに応じてブロック承認の成功率が高くなります。

Cuckoo Cycleはその二つの混合型でPoWの電力を消費しすぎるという問題を「DRAMチップ」を用いる事で解決しつつ、ブロック生成時にはPoSを用いています。

これにより、Cuckoo Cycleは電力効率が非常に高く、スマートフォンや低スペックなパソコンなどからでも簡単にマイニングに参加できるようになっている為、マイニングの寡占化は起こらず、消費電力も少なく抑えられます。

スマートコントラクトをオフチェーン「State Channel」

Aeternityは、スマートコントラクトを実行する際、オフチェーンで行います。

これは、一部の処理をオフチェーン(ブロックチェーンを使わないシステム)で処理することによって、メインチェーンに掛かる負荷を削減する考え方です。また取引結果以外はブロックチェーンに記載されないため、プライバシーも簡単に保護できます。

一方、イーサリアムはすべての取引の段階をブロックチェーン(メインチェーン)のブロック上に正確に記載するため、どうしてもブロックの容量が圧迫され、スケーラビリティの問題が生じます。

つまり、Aeternityの「State Channel」は、ブロックチェーンの軽量化・取引の高速化、尚且つセキュリティも高める事を実現しています。

スケーラビリティの問題とは!?|問題の解決策はあるのか?基本解説

2019.02.05

分散型オラクルシステム

オラクルには1つの管理主体が管理する「集中型」と特定の管理主体が存在しない「分散型」の2種類がありますが、Aeternityは分散型のオラクルを採用しています。

※分散型オラクルとは、ブロックチェーン内部に記録されていない情報を外部から取り入れてくれる為のシステムになります。

スマートコントラクトの履行において、外部条件によって契約が影響を受ける可能性があります。(例えば、気象情報や自然災害、石油の価格、金利など)

スマートコントラクトは条件を与え満たせば自動で実行されますが、様々な外部要因が含まれていると、その情報をどのように取得・処理するのかが問題になってきます。

分散型オラクルでは、ブロックチェーン外の現実世界で起きる事象を契約の条件にすることで、日常生活の契約を置き換える存在になり得る様な柔軟なスマートコントラクトを進める事ができます。

一方、分散型オラクルはハッキングに強い反面、分散型オラクルを維持する人たちに支払われる報酬(ビットコインで言うところのマイニング報酬)がないため、システムそのものが成立しづらいという欠点があります。

万が一何らかの問題が起きた場合には、投票によって対応を決定します。

Aeternity(エタニティー/AE)の将来性

Aeternityは、Cuckoo CycleというPoWとPoSの2つの特性を持つハイブリット型アルゴリズムを採用し、State Channelで処理速度の高速化とセキュリティ性の向上、分散型オラクルによって現実世界の移り変わる外部状況に臨機応変に対応しています。

高性能版イーサリアムと呼ばれるだけあって、しっかりとイーサリアムの抱えているスケーラビリティの問題を解決し、新たな機能を追加している点など、将来性を感じさせてくれます。

また、流行るか流行らないかはわかりませんがスマホでマイニングが出来るなど、キャッチーな話題性もあります。

現在時価総額ランキングでも50位前後に位置づけていますが、新たなの技術開発やロードマップを着実に進行していく事で位置づけも変わって来るのではないでしょうか。

今後も公式ブログなどで進捗状況の把握をして注目していきたいと思います。

Ethereum(イーサリアム/ETH)の詳細・特徴・将来性|ICOトークン最大の基軸通貨の基本解説!

2018.12.27

取り扱いおすすめ取引所 一覧