Bitcoin Diamond(ビットコインダイアモンド/BCD)の詳細・特徴・将来性|ビットコインの弱点をカバーしてるが、何かパンチが足りない仮想通貨!基本解説!

仮想通貨で最も知名度が高く、基軸通貨でもあるビットコイン(BTC)からハードフォーク(分裂)させる形で誕生した仮想通貨がいくつかあります。

仮想通貨の分裂というのは概念的には非常に理解しづらいですが、仮想通貨のコミュニティ内でどうしても解決できない対立などが生まれた際にはブロックチェーンを分岐させ、仮想通貨自体を分裂させて解決することがあります。

その1つ目にビットコインキャッシュ(BCH)が「送金問題の解決」、2つ目にビットコインゴールド(BTG)は「マイニングの中央集権化問題の解決」を目的にハードフォークしました。

そして、今回ご紹介するBitcoin Diamond(ビットコインダイアモンド/BCD)は、ビットコインから3度目のハードフォークによって誕生した仮想通貨です。

この記事では、Bitcoin Diamondの詳細や特徴、ビットコインの違い、将来性などのについて詳しくご紹介していきます。

BitcoinCash(ビットコインキャッシュ/BCH)の詳細・特徴・将来性|ビットコイン初のハードフォークして誕生した仮想通貨の基本解説!

2018.12.28

Bitcoin Gold(ビットコインゴールド/BTG)の詳細・特徴・将来性|マイニングの分散化を目的としてビットコインからハードフォークした仮想通貨!基本解説

2019.02.07

BCDの最新価格・相場・チャート・評価


Bitcoin Diamond(ビットコインダイアモンド/BCD)とは

Bitcoin Diamondは、2017年11月24日にビットコインの3度目のハードフォークによって誕生しました。

Bitcoin Diamondの開発チームは、「Bitcoin Diamond Foundation」と呼ばれる組織ですが、ドメインの取得が匿名で行われていることなどから、詳細については不明となっています。

また、ハードフォークの理由に関しても不明となっており、謎に包まれていましたが、ビットコインと比較すると、発行枚数やマイニングアルゴリズム、ブロックサイズが異なることから、参入障壁を低くする事やマイニングの中央集権化問題の解決、処理速度の向上を目的としている事が理由として予想されます。

また、プライバシー保護の為に匿名性の高さを兼ね備えています。

このように、ビットコインの弱点をカバーして、とても有能な通貨ですが、以前ハードフォークしたビットコインキャッシュやビットコインゴールドよりも影が薄い存在になっています。

Bitcoin Diamond(ビットコインダイアモンド/BCD)の詳細

通貨単位   BCD

運営主体   Bitcoin Diamond Foundation

総発行量   2億1000万BCD

承認方式   PoW(OPTIMIZED X13)

公開日    2017年11月24日

Bitcoin Diamond(ビットコインダイアモンド/BCD)の特徴

前述したとおり、Bitcoin Diamondは、ビットコインからハードフォークした仮想通貨なので、ビットコインと似ている性質ではありますが、異なる部分を比較しながら、1つ1つご紹介していきます。

Bitcoin(ビットコイン/BTC)の詳細・特徴・将来性|世界で一番最初にできた仮想通貨を基本解説!

2018.12.25

1.総発行枚数がビットコインの「10倍」

ビットコインの総発行枚数が2100万BTCであるのに対し、Bitcoin Diamondの総発行量は、10倍の2億1000万BCDです。

発行総数が増加することで、1BCDの価格は、1BTCと比較して安くなります。このことにより、新規ユーザーの参入障壁を低くする事が可能となります。

2.ブロックサイズが「8MB」

ビットコインのブロックサイズが「1MB」であるのに対し、Bitcoin Diamondのブロックサイズは、「8MB」です。

この取引の塊のことを「ブロック」と呼び、ブロックサイズが拡張されることは「取引処理速度の向上」に繋がります。

これは、ビットコインキャッシュのブロックサイズと同等であり、ビットコインで問題となった「スケーラビリティ問題」を解決する目的があります。

3.マイニングアルゴリズム「OPTIMIZED X13」採用

ビットコインでは「SHA256」というアルゴリズムに基づいてマイニングを行うのですが、マイニングにはASICという専用の機械を用意する必要があります。

この機器はマイニングに特化しているため、非常に効率よくマイニングを行えるのですが、価格もかなり高額になってしまうため個人で参入するにはなかなか難しいとされていました。

しかし、Bitcoin Diamondは「OPTIMIZED X13」と呼ばれるGPUマイニングに最適化された形式を採用しているため、GPUを使ってマイニングする事ができます。

GPUは一般のパソコンなどに使われているパーツで比較的手頃な値段で入手する事ができるため、マイニングの独占化が起こりにくいとされています。

4.匿名性が高い

ビットコインでは、取引ごとにいくら送金されたかなどの情報がすべてわかるようになっており、ウォレットに送金されたデータを追跡すれば残高までわかってしまいます。

つまり、取引状態が可視化されており、「誰(どのアドレス)から、誰(どのアドレス)にいくら送金されたか」がわかってしまうのです。

一方、Bitcoin Diamondは、取引金額が暗号化されており、プライバイシーの保護に繋がっています。

他の匿名性に優れた仮想通貨はMonero(モネロ)DASH(ダッシュ)Zcash(ジーキャッシュ)などが挙げられます。

Bitcoin Diamond(ビットコインダイアモンド/BCD)の将来性

Bitcoin Diamondは、ビットコインからハードフォークした事でビットコインブランドを持っていたり、匿名性や、8MBのブロックサイズ、新参入しやすくするための発行枚数設定、GPUマイニングに適したアルゴリズムを採用しているといった特徴を持っています。

また、SegWitの実装やライトニングネットワークの開発も行われています。

これだけをみると、ビットコインより優位性があり、ビットコインキャッシュやビットコインゴールドの良いとこ取りをした仮想通貨とも言えます。

しかし、他の仮想通貨にもビットコインより優れた性質を持つ通貨は多数存在し、匿名通貨としては、Monero(モネロ)、DASH(ダッシュ)やZcash(ジーキャッシュ)よりも知名度が低く、他の仮想通貨と十分な差別化が図れていないと言えます。

また、開発チームが匿名であることから、開発にたいしても不安要素があり、今後Bitcoin Diamondがより高い位置にいくには、開発チームの透明性や独自性を確立する必要性があると考えらます。

取り扱いおすすめ取引所 一覧