「Proof of Work(プルーフ・オブ・ワーク/PoW)とは?|仕組みやメリット・デメリットを基本解説

仮想通貨に興味を持ち出すと必ずといっていいほど、コンセンサスアルゴリズム「Proof of Work(プルーフ・オブ・ワーク/PoW)」という言葉を目にします。

仮想通貨には銀行などと違い、中央管理者が存在しない場合が多々あります。そのためブロックチェーン上の取引した結果をみんなで管理し正当か不正かを決めなければなりません。

みんなで正当か不正か決める事「合意の方法」=「コンセンサスアルゴリズム」です。

コンセンサスアルゴリズムにはいくつもの種類が存在します。この記事では、コンセンサスアルゴリズムの代表的な1つでもある「PoW」のメリットやデメリットなどについてご説明していきます。

Proof of Work/PoWとは

Proof of Workの略称は「PoW」と表します。日本語では「仕事量の証明」という意味合いになります。

ここでいう「仕事」とは「計算」の事を指しており、その計算とは「マイニング」の事です。

PoWとは、世界中のマイナーと呼ばれる人達が、膨大な計算能力を要する取引の記録作業を計算し競い合い、その中で一番最初に計算を終えたマイナーに報酬として仮想通貨が支払われるようになっています。

つまり、取引の記録作業(計算)を一番早く終えた人へ報酬が支払われるという、とてもシンプルでわかりいやすい仕組みとなっています。

その計算スピードが仮想通貨の処理速度に直結しており、大きな影響を与えています。

Proof of Work/PoWのメリット

PoWは改ざんに強い

不正な改ざんをする悪意ある攻撃者がいた場合、その仮想通貨のブロックチェーン上のすべての過去の取引ブロックから、最新の取引ブロックまで全てを修正しなくてはなりません。

改ざんに要するには、世界中のマイナーのコンピューターの計算能力を上回るスーパーコンピュータ並みの計算能力が必要となり、それには大きな資金力が必要とされるでしょう。

実質的にはコスト面も含めて、ブロックチェーンを改ざんすることはほぼ不可能と言われています。

これは、仮想通貨にとってとても価値のある特徴とも言えます。

Proof of Work/PoWのデメリット

電気代が高い

一番早く取引の記録作業を終えるには、一般の家庭用のコンピューターではなく、非常にハイスペックなコンピューターが必要となります。

ハイスペックなコンピュータを使用する事により、消費電力も跳ね上がり、莫大な電気代がかかります。

承認に時間がかかる

承認作業には「膨大なハッシュ値計算」が必要でハイスペックなコンピュータでも時間がかかってしまいます。

承認に時間がかかってしまうということは、決済がすぐにできないという事で、即時決済には向かないという事になります。

しかし、ライトニングネットワークなどの新しい技術を実装することにより、改善していく方向性になっています。

51%攻撃の恐れ

51%攻撃とは、特定のマイニンググループが計算能力を51%以上支配してしまうと、2重支払いなどといった不正な取引が可能になってしまうというものです。

これは、承認の中央集権化とも呼ばれています。

51%攻撃に関して詳しい記事はこちらで紹介しています。

51%攻撃とは?|起きたら何ができてしまうのか?仕組み・目的 基本解説

2019.01.28

Proof of Work/PoWが採用されている主な仮想通貨

「PoW」が採用されている、最も有名な仮想通貨は、やはりビットコイン(BTC)でしょう。

その他にも数多くの仮想通貨が「PoW」を採用しています。主な通貨を紹介致します。

・Lite coin(ライトコイン/LTC)

・Bitcoin SV(ビットコインエスブイ/BSV)

・BitcoinCash(ビットコインキャッシュ/BCH)

・Zcash(ジーキャッシュ/ZEC)

などが挙げられます。

Litecoin(ライトコイン/LTC)の詳細・特徴・将来性|ビットコインの弱点を補う為に開発された仮想通貨!基本解説

2019.01.05

Bitcoin SV(ビットコインエスブイ/BSV)の詳細・特徴・将来性|Bitcoin Cashからハードフォークした仮想通貨!基本解説

2019.01.04

BitcoinCash(ビットコインキャッシュ/BCH)の詳細・特徴・将来性|ビットコイン初のハードフォークして誕生した仮想通貨の基本解説!

2018.12.28

Zcash(ジーキャッシュ/ZEC)の詳細・特徴・将来性|匿名通貨の中でも特に強いプライバシー性を持つ仮想通貨!基本解説

2019.01.16