Monero(モネロ/XMR)の詳細・特徴・将来性|匿名性に特化している事で高い時価総額を誇る仮想通貨!基本解説

モネロとは、人工言語エスペラント語で「コイン」という意味持ち匿名性の高い仮想通貨として、時価総額ランキングでも上位に位置づけています。

国内の仮想通貨取引所ではCoincheckで取り扱いが行われていた為、日本でも馴染みある仮想通貨でもあります。

この記事では、そのモネロの特化した匿名性の高さについてのメリットやデメリット、チャート、詳細・特徴・将来性について紹介していきます。

XMRの最新価格・相場・チャート・評価

 

 

モネロ(Monero/XMR)とは

モネロとは、ビットコイン(Bitcoin)から派生したバイトコイン(Bytcoin)を基に開発され、2014年4月にモネロプロジェクト(Monero Project)によって公開されました。

略称は「XMR」と呼びます。

モネロはブロックチェーン技術の匿名性の低さに危機感を持った開発陣(モネロプロジェクト)により開発され、バイトコインと同じ「CryptoNote」と呼ばれるプロトコルに基づいたオープンソースのPoW(Proof of Work)を採用した仮想通貨です。

匿名性が高い仮想通貨と呼ばれる理由に「CryptoNight」と呼ばれる、匿名性に特化した特殊なアルゴリズムを採用し、後述しますが、「リング署名」や「ワンタイムアドレス」という仕組みが導入されている事が挙げられます。

これは、バイトコインのソースコードに基づいています。

モネロ(Monero/XMR)の詳細

通貨単位   XMR

運営主体   Monero Project

総発行量   1840万XMR

承認方式   PoW(Cripto NightV7)

モネロ(Monero/XMR)の特徴

ブッロク制限が無く、高速取引

モネロの決済処理速度の時間は2分程度です。

ビットコインの場合は決済処理速度に10分程度かかってしまいます。

また、モネロはブッロクサイズの制限が無いため、同時に複数の取引の処理ができるのです。そのため、ビットコインのようなスケーラビリティの問題で取引が遅延する心配がありません。

匿名性が高い「リング署名」・「ワンタイムアドレス」

ビットコインや他の仮想通貨の多くは、取引履歴を誰でも閲覧できるような透明性を保っています。

それに対しモネロは、取引履歴の閲覧を困難にする「リング署名」を採用する事により匿名性に優れた送金取引を実現しています。

その「リング署名」とは、決済を行う際に、1名単独での電子署名ではなく、複数人による電子署名を行う仕組みの事です。

さらに、匿名性をより高めている「ワンタイムアドレス」と呼ばれる仕組みがあります。

このリング署名で生成されるワンタイムアドレスは、ネットバンキングで多用されるワンタイムパスワードと類似していて、一定の時間が過ぎると自動的に使用できなくなります。

送金の度にアドレスが変更され、利用者の特定がより困難になり匿名性を高めているといえます。

特殊なアルゴリズム「Crypto Night」から「Crypto NightV7」へ

モネロのマイニングは一般的に使用されるコンピューターなどで簡単に行う事ができました。

ビットコインでは、ASICというマイニング専用のコンピュータで、マイニングを行います。※ASICとは、特定の用途の為に作られた集積回路で、通貨のアルゴリズムごとに開発さている専用機です。

モネロのCrypto Nightと呼ばれるアルゴリズムに対応するASICは開発されていなかった為、一般のコンピュータでCPU,GPUマイニングが可能でした。

しかし、各ASICメーカーがこぞってCrypto NightアルゴリズムのASICを発売した為、モネロは2018年4月にASIC対策の為にハードフォークを実装しました。

これにより、Crypto NightからCrypto NightV7へと変更になりました。

モネロ(Monero/XMR)のリスク・デメリット

匿名性の高いモネロには、プライバシーの保護や個人情報流出防止のリスクが低いという面がありますが、その一方で、匿名性という特徴を悪用し、マネーロンダリングやテロリストへの資金流出、ダークマーケットなどの犯罪に利用される危険性があります。

その違法取引により、国や政府から制限を受け、大手企業から敬遠されてしまい、モネロの価値が上がりにくくなることが懸念されます。

また、匿名性の高さ故に取引情報の記録を追跡する事が困難な為、万が一の際には保有している事の証明する手段が極めて困難になるということも考えられます。

モネロ(Monero/XMR)の将来性

モネロの匿名性の高さや取引処理速度の速さは、ビットコインにはない強みがあります。

また、モネロと似た性質の匿名性を売りにしている仮想通貨も存在しています。

その中でも時価総額ランキング13位と上位に位置づけているモネロへの期待値は高いと言えるでしょう。

しかし、今後の課題としてつきまとうのは、前述した通り、マネーロンダリングやダークマーケットなどの犯罪に利用される事が多い為、国や政府への規制が高まりやすい事です。

モネロの価値を高める大きな条件として、政府に規制されない法設備が必要となるでしょう。

ただ、現状としてダークマーケットが世の中にある以上は、モネロや匿名性を主としている仮想通貨ダッシュ(Dash)やジーキャッシュ(Zcash)の需要はあるともいえます。

今後、どのような形でモネロが普及、発展していくのか注目です。

Dash(ダッシュ/DASH)の詳細・特徴・将来性|現金感覚の決済スピードと匿名性が魅力の仮想通貨!基本解説

2019.01.11

Zcash(ジーキャッシュ/ZEC)の詳細・特徴・将来性|匿名通貨の中でも特に強いプライバシー性を持つ仮想通貨!基本解説

2019.01.16

取り扱いおすすめ取引所 一覧