Tether(テザー/USDT)の詳細・特徴・将来性|法定通貨にペグされた価格安定型の仮想通貨!基本解説

Tether(テザー/USDT)は、Tether Limitedが運営しており、ドルなどの法定通貨にペグされたブロックチェーン技術を用いた仮想通貨です。

法定通貨で有名なペグ通貨として、香港ドルがあります。香港ドルは米ドルとペグ(固定する)する事により、自国の不安定な経済によるリスクをさけ、安定性を得る事ができます。

この記事では、その Tether(テザー/USDT)の詳細や特徴・将来性に ついて、紹介していきます。

USDTの最新価格・相場・チャート・評価

 

 

テザー(Tether/USDT)とは

テザーとはドル等の法定通貨と連動した価値を持つ仮想通貨で「ペグ通貨」や「ステーブルコイン」とも呼ばれています。

※ペグ通貨とは米ドル等の特定通貨と自国の通貨の為替レートを一定に保つ通貨の事を指します。

テザーの略称は「USDT」と表記され、ほぼ1USDT=1USD(米ドル)のようになります。

運営主体であるTether Limitedは、テザー利用目的として法定通貨と連動する事により、価格変動を少なく安定させる事です。そして、ブロックチェーン技術を活用する事で、手数料の低減やいつでも送金・決済ができる通貨にもなっています。

また、テザーにはマイニングシステムは無く、「PoR(Proof of Reserves)」と呼ばれる新規発行システムを採用しています。

テザー(Tether/USDT)の詳細

通貨単位   USDT

運営主体   Tether Limited

総発行量   無

承認方式   PoR(Proof of Reserves)

テザー(Tether/USDT)の特徴

ボラティリティ(価格変動)が小さい

テザーは、法定通貨とペグ(固定する)されている事から、その価値は法定通貨に裏付けられており、とても、安定性があります。

仮想通貨市場もボラティリティの大きさから投機目的として利用されている方も多い中、ビットコインも市場では基軸通貨として使われていますが、決して価格変動が小さいものとは言えません。

その中で、米ドルのような法定通貨は、よほどの事が無い限り、大きな変動はありません。

つまり、法定通貨と価値が連動しているテザーは安定しており、通貨としての利用価値があるといえます。

24時間365日 送金・決済が出来る

本来、法定通貨間の送金や決済は、円→ドル、ドル→円といった取引を行う為、銀行等の金融機関が稼働している日しか取引手続きが出来ません。

しかし、テザーを利用する事により、円→USDT→ドル、ドル→USDT→円といった間にテザーを挟む事により、24時間365日稼働してる仮想通貨取引所で取引手続きが出来る為、とても流動性があります。

送金・決済手数料が安い

従来の国際送金では、両替や金融機関など仲介をはさむことにより、それなりの手数料がかかってしまいます。

ですが、テザーはブロックチェーン技術を利用するので、送金・決済時の手数料は従来の国際送金よりも低減でき、経済的にとても有効な仮想通貨といえます。

Proof of Reserves 「PoR」

テザーは「PoR」(Proof of Reserves)と呼ばれる新規発行システムを採用しています。

テザーには、Tether Limitedという運営主体があり、利用者はTether Limitedに法定通貨を預けると、同額の「USDT」が発行されます。逆に「USDT」を換金する場合はTether Limitedに入金する事で、法定通貨を受け取れます。そして入金と同時に「USDT」は消滅する仕組みです。

つまり、Tether Limitedが保有している法定通貨と市場に出回る「USDT」の量は常に一致で保たれています。

また、Tether Limitedが保有している法定通貨は常に公開している事で、支払い能力があるという信用を担保にしている。

この仕組みを「PoR」(Proof of Reseves)と呼びます。テザーはTether Limitedによる強い中央集権体制で運営されてるともいえます。

テザー(Tether)にまつわる疑惑

ボラティリティ(価格変動)の少ない事で人気を集めているステーブルコインの一つであるテザーですが、信頼が揺らぎかねない疑惑が浮上しています。

それが「テザー疑惑」です。

ビットコイン等とは違いレートが米ドルに固定されているのが特徴ですが、裏付けとなるドル資産を持ってないとの疑惑が浮上しています。

理論上は、テザーが新規発行した分と同程度のドルを持っている必要があります。万が一、不足している事があれば換金要請に応える事ができない為、投資家は損失を被る事になります。

また、一部の観測筋ではテザーが発行額と同額の米ドルを保有していないなら、テザーはいくらでも通貨を発行でき、ビットコインの価格下落にあわせて、テザーが新規発行し、ビットコインを買いあさっている。この購入行動がビットコインの価格をつり上げているのではないかと指摘もしている。

そして、台湾銀行をウェルズ・ファーゴの大手銀行二つがテザーと取引所のBitfinexとの取引から手を引くことをあきらにかにしているのだ。

というのも、取引所Bitfinexとテザーは、どちらも最高責任者、最高執行責任者、最高戦略責任者、最高コンプライアンス責任者、法律顧問といった経営トップが同じだったからです。

Bitfinexに着金後にビットコインが上昇しているレポートも公開され、テザーと取引所Bitfinexとの関係がこのテザー疑惑に拍車をかけた状態になっています。

テザー(Tether/USDT)の将来性

テザーは、法定通貨とペグされた仮想通貨で、「安定性」「利便性」「手数料の安さ」ととても経済的有効な価値のある仮想通貨で、アメリカの取引所でも基軸通貨として利用している所がいくつかあります。

その一方で、運営主体「Tether Limited」が存在し、中央集権的であり、法定通貨の管理から通貨発行まで独自ですべて行っているので、「内部不正」や「破綻」などのリスクが生じます。

そして「テザー疑惑」の浮上後、バハマ基盤で70年以上の歴史を持つ銀行Deltecと提携しテザーの裏付け資金を証明する文書が公開されました。

しかし、銀行責任者名や印鑑がおされてない事から、未だテザーへの懸念は払拭されきってはいないが、今後、どのような形で、信頼を保っていくかも含め、テザーには注目が集まるといえます。

「ペグ通貨」や「ステーブルコイン」って何!?|仮想通貨ではペグしている通貨を「ステーブルコイン」と呼ぶ!

2019.01.31

取り扱いおすすめ取扱所 一覧