BitcoinCash(ビットコインキャッシュ/BCH)の詳細・特徴・将来性|ビットコイン初のハードフォークして誕生した仮想通貨の基本解説!

ビットコインキャッシュの名称からわかるように、ビットコインと深い繋がりがある仮想通貨の一つです。

ビットコインからハードフォークした通貨では最も認知度が高く取引量も多い仮想通貨でイーサリアムに次ぐ時価総額ランキング4位に位置づけています。(2018年12月時点)

BCHの最新価格・相場・チャート・評価

 

 

ビットコインキャッシュ(Biitcoin Cash/BCH)とは?

ビットコインキャッシュとは、ビットコインからハードフォークされ、ビットコインの問題の一つでもある取引が増加すると「送金時間」が長くなり、「手数料」が高くなるという問題を解決しています。

1.ビットコインキャッシュの誕生

ビットコインキャッシュは、ビットコインから分裂するのか、しないのかと全世界が注目しているなか、2017年8月1日にハードフォークされ、その当時のビットコインと同じ量が発行され新仮想通貨として誕生しました。

この分裂は中国のマイニングプールの主導で行われました。

※マイニングプールとは、組織的にマイニングを行う集団や仕組みです。ほとんどが電気料金の安価な中国に集中している。

2.ビットコインキャッシュの分裂について

ビットコインは、利用可能な飲食店、量販店などが増加し、現在、多くの人が利用しています。

それに伴い、開発当初よりも取引頻度が圧倒的に増加した事によりスケーラビリティ(処理速度)の問題が発生し、送金時間が長くなり、価格が上昇し手数料が高くなってしまいました。

そこで、トランザクション(取引)の遅延問題を解決する為に提案されたのが、Segwit(セグウィット)。

※ Segwit(セグウィット)とは、取引データ(ブロック)を圧縮する為の、ネットワークの処理能力は変わらず、処理スピードを上げる技術。

このSegwitの実装を提案したのが、ビットコイン開発を担っているビットコインコア派でした。

ブロックの生成が早まれば、取引効率が上がる為、Segwit導入はたくさんのユーザーが賛成していました。

しかし、中国の大手マイニングプールが支持している「Bitcoin Unlimited」に反対されました。

その理由は、中国の多くのマイニングプールで使用するマイニングアルゴリズム「ASICBoost」がSegwitでは使用できないと判明した為だと言われています。

このような流れから2017年5月にはニューヨークで協議が設けられ、2017年7月にはハードフォークを宣言、Segwitではなく、ブッロクサイズを8MBに拡張するビットコインキャッシュが生まれました。

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)の詳細

通貨単位  BCH

運営主体  Bitcoin ABC

総発行量  2100万BCH

承認方式  PoW(Proof of Work)

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)の特徴

ブロックサイズの増加

ビットコインのブロックサイズは1MB(メガバイト)ですが、ビットコインキャッシュはハードフォーク当初、8MBとなっていました。

2018年5月には8MBから32MBに拡張されています。

ブロックサイズ増加によりスケーラビリティの問題が解消され、ビットコインよりも送金速度が早く、送金手数料を安く取引できる事になりました。

その一方、ブロックサイズが増加する事により、スーパーコンピューター並みの計算能力が無ければ、フルノードになれず、ノードが中央集権的になるという問題があります。

※ノード(node)とはネットワークに繋がっている全ての通信機器。(パソコンやスマートフォン等)

※フルノードとは、最初のブロックから最新のブロックの情報を持つノード。2重支払いがないかなどを検証する

リプレイアタック対策「リプレイプロテクション」

仮想通貨におけるリプレイアタックとは、仮想通貨を保有している本人が使った取引のデータを悪用し、別の仮想通貨を不正に送金や出金する事を指します。

また、リプレイアタックがおこりやすいタイミングが、ハードフォークで分裂するタイミングです。

そこで、ビットコインキャッシュは「リプレイプロテクション」という対策でトランザクションを違うものだとノードに正しく認識させる技術対策を実装しています。

リプレイアタックからユーザーを守り、セキュリティ面でも強化されています。

ビットコインキャッシュのハードフォークについて

ビットコインキャッシュは、2018年11月のハードフォークにより「Bitcoin SV」が新通貨として誕生した。

その際に対立していたのが クレイグ・ライト氏が率いる「Bitcoin SV」とロジャー・バー氏とジハン・ウー率いる「BitcoinABC」である。

「Bitcoin SV」率いるクレイグ・ライト氏は2018年11月末にハッシュウォーの終了を宣言。

従来のビットコインキャッシュは、ABC派が引き継ぎ、一部の取引所では、「BitcoinABC」と表記されている。

Bitcoin SV(ビットコインエスブイ/BSV)の詳細・特徴・将来性|Bitcoin Cashからハードフォークした仮想通貨!基本解説

2019.01.04

ビットコインキャッシュの将来性

ビットコインキャッシュは、認知度も高く、ビットコインの問題を解決するために誕生したこともあり、上記でも記載しましたが、送金時間と手数料の安さも大きな魅力です。

「Avacus」や「Purse」、BITPointの決済サービスにビットコインキャッシュが導入されており、今後さらに流動性が高まると予想され、需要が高まれば、価格上昇にも繋がります。

決済を目的に設計された通貨の為、今後は日本でも多く導入される可能性もあるといえます。

Bitcoin(ビットコイン/BTC)の詳細・特徴・将来性|世界で一番最初にできた仮想通貨を基本解説!

2018.12.25

取り扱いおすすめ取引所 一覧